FC2ブログ
初心者にわかりやすくFXの基礎から紹介。FXとは、FXの仕組み、FX会社の選び方、トレードの仕方、初心者のための運用の仕方まで紹介しております。

MBOとは

ここ最近、企業の経営戦略の一つとして、「MBO」という言葉がよく聞かれます。上場している企業においても、この手法を利用するケースが増えているようです。

■ MBOとは・・・
 
MBOとは、企業の合併・買収(M&A_merger and acquisition)の手法のひとつで、「マネジメント・バイ・アウトを省略化した言葉。その内容は、経営陣(あるいは従業員)が所属している企業や事業部門を買収して独立することを指します。

例えば、オーナーでない経営者が、事業の継続を前提として、オーナーや親会社から株式を買い取り、経営権を取得するということです。

■ MBOとTOBの違い

MBOも企業買収・合併(M&A)という枠組みにおいては、基本的にはTOBと同じです。
ただし、大きな違いとして、TOBは「現在の経営陣ではない株主」が買収する側になり、MBOは「現在の経営陣」が買収する側になる、ということが違いとして挙げられます。

TOBは、外部者が買収をおこなうため敵対的買収という側面が強いのですが、他方、MBOは、内部者が買収をおこなうため、友好的買収という側面が強いため、一般的には、「MBO=のれん分け」と理解する向きもあります。

■ MBOのメリットとデメリット
 
MBOのメリット
・MBOによって上場を廃止することで、短期的な市場に声に惑わされることなく、中長期的な経営戦略が保てる
・上場を廃止することで、市場で買収を仕掛けられるリスクをなくす(=企業防衛策)
・上場をしていない企業は、IRや情報開示をする必要性がないため、他社に企業戦略が知られることなく機動的な経営が可能となり、競争上優位になる
・現存の経営陣が大株主になることで、これまでの経営方針や雇用も継続される
・後継者難の企業の創業者が、MBOを通じて、会社幹部に事業を譲渡することも出来る(=のれん分け)
・事業を整理したい親企業にとって、売却資金で本業の建て直しが図ることができる
 
MBOのデメリット
・上場されないことで、経営に対するチェック機能が低下する可能性がある
・一般株主が多い場合には、株主の利害調整が必要になり、様々な障害が起こる可能性がある
・買収する側がその経営陣ということから、株式の公開買い付け価格が意図的に安く抑えられる可能性もあり、上場企業の場合には、株主に不利益が発生する可能性もある
・中長期的視野に立った場合に、上場を廃止することで資金調達の手段が限られてくる
スポンサーサイト



テーマ : 初心者のFX入門
ジャンル : 株式・投資・マネー

2011-10-04 : MBOとは : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

内藤幸一

Author:内藤幸一
FX初心者のためのFX為替取引入門ナビ

最新コメント

カテゴリ

FX為替取引入門ガイド

FX初心者にやさしい人気のFX会社はこれ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR